個人の実印を買おうかと思案している人は

個人の実印を買おうかと思案している人は新生活を始める頃に増えてきます。
実印の値段というと、安いものもあるし高価なものもあります。
安いものなら1000円以下で買うことができるし、上の方は10万円以上というものもあります。大事な書類等に用いられるのである程度の金額は覚悟して購入している人が多数です。
ネットを使って実印を注文した時に、合わせて銀行印も注文すれば安くなるということでした。
その時に使用していた銀行印は家にあったもの何も思わず使っていて、なんとなく考えていたので、良い機会だと思い合わせて作ることにしました。印鑑を作ってもらうので、既製品にありがちなタテ彫りにはしないで、ヨコ彫りにしてみました。
また、銀行印らしく、書体は吉相体にしてみました。

 

アタリはなしにしてみました。
大きさは、12mmの大きめを選びました。

父親になりました。
それを理由に、一生使えるような実印を贈ってあげようと思案しています。買い換えないでいいように、丈夫な素材で品質の高いもの。だけど、そんな印鑑は高いものです。でも何十年も使って欲しいので、頑張って良いと思うものを買ってあげたい。
そしてその実印を使って、初めての通帳を作りできる範囲で貯金して、成長し、独り立ちするときに手渡してあげたいのです。と考えると象牙が浮かびますね実印って、苗字と名前が入るから大きい。

だからか、ほんとに値段がしますね。

 

名前が変わった時、色々名義変更に行こうと思った時に印鑑を作ることにしました。

どんな印鑑でも大丈夫なんだから、作りなおさなくてもいいという友達のアドバイスは流して、旧姓の印鑑をこのまま使っていくのはやっぱり違うのではと感じての事です。でも、これまた日本でも5本の指に入るくらいありふれた苗字となったので、どこにでもある同じような既成品の印鑑は少し気が引けました。
で、結局はホームセンターでも作れる柄が可愛い印鑑があったので、それに名前を彫ってもらいました。
誰でも簡単に注文できるけど、自分の印鑑という感じで良かったです。

友人から出産したという話を聞き、お祝いに子供の名前で素敵な印鑑を贈ることにしました。
人とは違ったものが作れないかな?と思い検索していると、キュートで欲しくなるような印鑑が沢山出てきました。どちらかというと男性向けではないけど、女の人なら楽しくなるような柄が入ったものやわりとどの店にも置いてあるんですね。

イラストを印影に入れることができたり、その人だけのオリジナル印鑑が選んで作れる気がします。

 

学生の頃に、きちんとした実印を注文して作った方は私の周りにはいませんでした。

いつ実印を作るのかはそれぞれですし、普通のそのあたりにあるような印鑑を今だけ実印として登録したという人も多いのではないかと思います。

 

実印の値段と言っても様々で、材質や彫り方などで大きく差が出ます。

手彫りの場合は、安く見て1万円くらいから、10万円を超える高価なもなどもあります。銀行印とのセットで数万円という程度が平均的な相場だと言えます。息子の就職祝いに実印をプレゼントすることにしました。

ネット検索を使って実印の値段についてや種類はどんなのがあるかを調べてみました。

 

印鑑というのはいくつか選択肢があります。
材質だけでもたくさんあり、象牙・チタン・水牛など、書体を選ぶと時も、何種類かあって篆書体や、隷書体、古印体などありました。

 

材質の違いについて書体について調べて納得のいく実印を購入できました。
印鑑の素材は黒い水牛の角や、近頃はチタンなど、高級感があり耐久性があるものが人気です。

また、実印と銀行印を同じ印材なのですがサイズと刻む文字を実印は氏名で、銀行印は苗字のみで彫り、二つセットで販売されているものもあります。実印には重い意味があることを忘れず、簡単にはんを押さないように、それにあった値段の印鑑を選び、慎重に扱う習慣をも付ける一助とすべきなのです。

 

こうした実印は、デパートの文具売り場でも購入できますし、近頃はネット通販でも購入できる時代です。

 

店舗によって値段の違いがでてくるだけでなくセットでお買い得なものをだしたり、すべて職人さんの手彫りか機械彫りなのかを選択したりと考えておくべきことが何箇所かありました。どうしても職人さんの手彫りは値段が高くなります。

最高級と知られている象牙を使って手彫りにしてもらったら高めの値段になります。

私としてはわりと丈夫な黒水牛が印影も綺麗でお値段も無難なのではないかと思います。
印鑑屋で銀行印ってどれだか分からなくなり、使いたいときには持っている印鑑を全て持って窓口へ行くという、かっこの悪い方法を繰り返していましたが、公の書類に押印する機会ができたので、この機会に氏名を入れて質の良いハンコを注文することを決めました。